【Day6】シャドーイングのコツをもう一度説明します

私が毎日欠かさず行っているシャドーイング。
 
シャドーイングとはその字のごとく、聞こえてきた音をそのまま影のように呟く作業です。
 
しかし、突然シャドーイングは実はハードルが高いと私は思います。
何故なら、何を言っているか分からないことが多いから。
 
それで最初は文章を見ながら、聞こえてきた音を一緒に音読します。
その時に訳が分かっていなかったら理解をしておきましょう。
 
音読して理解が出来るようになったら、シャドーイング開始です。
 
テキストをみず、音を聞いたままに真似をして声を出していきますが、速さが追い付かない場合、まず追いつける速さに設定します。0.8に設定してみましょう。
 
完全に言えるようになったら速さを元に戻します。
 
例えば、TOEICのパート4の一つの問題を1週間かけて音読→シャドーイングしていきます。
1日10回を1週間続けると完全なシャドーイングができてきます。
 
一度完璧にシャドーイングが出来たら何回も成功したいがために、車を運転しながらも頑張ります。そうすると1日10回どころではなくなりますが。
 
シャドーイングは集中して聴くことにより、リスニングも同時に鍛えられると思います。実際、自分もリスニングも上がっているのを感じます。
 
是非、オススメです!
 
それでは今日も頑張っていきましょう!
 

Today’s menu

でる1000 30問を10分で解く P86~(19~48)

10分で何問解けたかを印を付けておき、時間を測り残りを解きましょう。600を目指す人であれば最初から12分で設定でもいいと思います。

間違えたところ、自信のないところを見直す

間違えたり、説明を読んで覚えておきたいことを番号の横にメモしておきましょう。

③金フレ401~500(p108〜127)を読む

今日から730レベルですね!600を目標にしている人も語彙力はどんどん付けた方がいいですので積極的に覚えていきましょう。

TOEIC公式集パート4 71〜73 シャドーイング10回

そろそろ元のスピードでシャドーイングが完全に出来てくる頃だと思います。もし出来てなくても大丈夫、自分のペースでやっていきましょう。

Hop
Hop

お疲れ様です!

Yoppy
Yoppy

TOEICの重要単語です。お茶をしながらクールダウンに覚えてくださいね!

ここではTOEIC学習者の定番、『TOEIC LR TEST 出る単特急 金のフレーズ』を参考にしています。覚えとこ!はスコア600以上の単語も含みます。

 

TOEICスコア600頻出単語

①admission (不可算名詞)入場、入場料

Admission is free. 入場無料

an admission (可算名詞)告白、自白

admit (動詞)認める

②fit  (動詞)合う、入る

The room can fit 10 people. その部屋は10人入る。

fit (形容詞)適当な、ふさわしい

This is not a fit place for studying. 勉強するのに相応しくない場所だ

③reference(名詞)照会、参照

contact a referece 照会先に連絡を取る

refer (動詞)言及する、照会する

④status (名詞)状況、地位

shipment status 配送状況

the status of the world 世界情勢

⑤determine(動詞)決定する、判断する

determination 決心

Weather determines the crop output. 天候が作物の収穫量を決める

覚えとこ!

special rates 特別価格

specially (副詞)特別に

specialty (名詞)専門分野

look as if ~のようだ

none (複数扱い)1つも〜ない

for  a limited time 期間限定で

another two weeks さらに2週間

with in walking distance 徒歩圏内

room divider 間仕切り

credite A to B  AをBのおかげとする

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました