TOEIC Part3の特徴と攻略法

Yoppy
Yoppy

TOEICのPart3はリスニングセクションです。特徴と攻略法をお伝えします。

Part3はまず3つの設問を先に読んでおく

Part3は2人もしくは3人での会話が流れます。その後に設問が続きます。一つの会話から問題数は3問で、それぞれ4つの選択肢から最も適切なものを選びます。問題数は39問です。

シチュエーションとしては、主に会社での上司と部下のやりとりや、取引先との会話、ラジオのパーソナリティがリスナーに向かって話をしたり、ある店での客とスタッフとのやりとりなど様々です。

まず一番に設問を読みます。

  • Which department is the man most likely calling?
  • Why does the man apologize?
  • What does the woman say she will do?

男性はどの部署に電話をしているの?

なぜ、男性は謝るの?

女性は何するって言ってる?

この3点を聞き取るぞ!と集中して目を瞑ります。

そして、もし電話をしているのなら、その状況を想像しながら聞き取ります。

最後までしっかり聞いて、Question、、、と質問が始まったら、すぐに解答を始め、2問目の質問が終わる頃には3問マークするようにします。

3問目の質問が始まる頃には、次の設問3つを読んで、何を聞き取りするか整理します。

ここで注意して欲しいのは、1問目が分かった時にマークしてしまうことです。

マークしている間にも会話は続いているわけですから、うっかり聞き逃してしまうことがあります。

私はスコア600台までは分かった時点でマークをしていましたが、全て聞いてから解答するようにしてからは700台に上がったので、集中して最後まで聞くことをお勧めします。

この記事を書いた人
Yoppy

元銀行員。20代で初めての海外旅行。英語が通じず悔しくて、チビチビと勉強を継続中。カリフォルニア3ヶ月短期留学、カナダ1年ワーキングホリデー、フィリピン10日間超短期留学を経験。
詳しくはこちら↓
プロフィール詳細

Yoppyをフォローする
Part別攻略法
スポンサーリンク
Yoppy English

コメント

タイトルとURLをコピーしました