TOEIC Part6の特徴と攻略法

Yoppy
Yoppy

TOEICのPart6もリーディングセクションです。特徴と攻略法をお伝えします。

Part6はPart5と同様に勉強するべし

Part6はPart5の短文穴埋め問題に対して、長文穴埋め問題です。手紙やe-mailなどの文書で本文自体は6〜7行程度です。

と言えども、要領はPart5と同様で、4つの選択肢から最も適切なものを選び、不完全な文を完成させる問題です。出題数は16問です。

4つの文書があり、それぞれ4問出題されます。

Part5同様、語彙問題、品詞、接続詞問題などあります。それに加えて、文書ごとにどんな文が入るか選択する問題が1題出ます。

勉強方法としてはPart5同様の方法でいいのですが、一つだけPart5と違う点があります。

Part5では品詞問題などは、文章を最後まで読まなくても答えを選択することもありますが、4つのうち1問は文自体の選択であるわけなので、その文書自体を理解して読み込むことが重要です。

私は特にPart6にフォーカスして勉強はしていません。

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問のTEX加藤先生がおっしゃるように、Part6にしか出ない文法問題はないと言うことなので、Part5対策のこの問題集をやり込めばいいと思います。

私はこの問題集は3週目に入りましたが、今のところ、毎日30問を解いて1問間違えるくらいになってきました。この問題集を始めてから確実にスコアアップされているので、全部マスターする気持ちで頑張ります。

この記事を書いた人
Yoppy

元銀行員。20代で初めての海外旅行。英語が通じず悔しくて、チビチビと勉強を継続中。カリフォルニア3ヶ月短期留学、カナダ1年ワーキングホリデー、フィリピン10日間超短期留学を経験。
詳しくはこちら↓
プロフィール詳細

Yoppyをフォローする
Part別攻略法
スポンサーリンク
Yoppy English

コメント

タイトルとURLをコピーしました