TOEIC Part5の特徴と攻略法

Yoppy
Yoppy

TOEICのPart5からはリーディングセクションとなります。特徴と攻略法をお伝えします。

Part5は初心者が一番スコアアップしやすいPartと言われています

Part5は短文穴埋め問題です。4つの選択肢から最も適切なものを選び、文を完成させる問題です。出題数は30問です。

30問の中でも、単純に語彙を問う問題から、品詞問題、前置詞や接続詞、代名詞問題などありますが、中でも品詞問題はかなりの割合で出題します。よって、まず500~600を狙う人であれば、品詞問題をターゲットに勉強するのがお勧めです。例題を見てみましょう。

AAA Production Services hired a ———–speaker to boost employee moral.

  • (A)motivational
  • (B)motivate
  • (C)to motivate
  • (D)motivates

AAA制作サービス社は従業員の士気を高めるためにーーーー講演者を雇った。

ーーー講演者なので、ーーーにはどんなを表す形容詞がきますよね。

そうすると(A)のmotivational やる気を起こさせる講演者となります。

motivateは動詞、to不定詞やmotivatesの三人称単数現在形もマッチしません。

ここでのコツは、形容詞は名詞を修飾すること、副詞は名詞以外を修飾することです。

そして、friendlyなど例外もありますが、lyで終わるものは副詞、yを取ったものは形容詞になる場合が多いので、そこを意識して解いていきましょう。

単語を覚えるときは普段から品詞は何かを意識して覚えていくと効率よく学習が出来ます。

リーディングはタイムマネジメントを普段から徹底すること

リーディングは時間との戦いです。Part5で時間がかかっていては最後まで解くことが出来ません。

(かくいう私も最後の10問はいまだに塗り絵です。。。)

600を目指す方なら30問を12分以内で解く練習を普段からしましょう。

700超えるようになってからは10分を目安にしましょう。その場合は1問20秒になります。

分からない問題は、諦めて時間の節約をしましょう。私は何度も読めば分かるんじゃないかと読んだ時期もありましたが結局分からないことが多いので、今はPart7を1問でも多く解くために1~2度読んで分からない場合は適当に塗ってしまいます。

以上、Part5はまず品詞問題を解きまくる、時間を計ることでスコアアップを目指しましょう!

この記事を書いた人
Yoppy

元銀行員。20代で初めての海外旅行。英語が通じず悔しくて、チビチビと勉強を継続中。カリフォルニア3ヶ月短期留学、カナダ1年ワーキングホリデー、フィリピン10日間超短期留学を経験。
詳しくはこちら↓
プロフィール詳細

Yoppyをフォローする
Part別攻略法
スポンサーリンク
Yoppy English

コメント

タイトルとURLをコピーしました