英検3級のレベルはどのくらい?合格するためにお勧めの問題集と勉強方法

Yoppy
Yoppy

英検3級に合格するためのお勧めの問題集と学習方法をお伝えします。

英検3級にお勧めの問題集はこちら!

英検3級は「中学卒業程度」です。3級から「英作文」と「面接」が始まります。

英検3級からは中学、高校入試の際、推薦を狙うなら先生に3級を持っていると伝えましょう。内申に記載することが出来ます。また全国の高校(182校:2021年現在)、中学(58校:2021年現在)で優遇が受けられるので行きたい学校を調べておきましょう。

お勧めの問題集はこちら↓

らくらく王国の中学3年生バージョンです。文法に自信がない人、らくらく王国の中学1、2年生を学習していない方は易しいバージョンから始めるのもいいと思います。何故なら英検3級は中学1、2年生で学習する内容も入るからです。

少し考えたらすぐわかるくらいの問題集にしないと継続できないので、できるだけ易しめから始めましょう。らくらく王国中学1〜2年生はそれぞれ英検5級、4級の記事で紹介してあります。

すぐに英検3級に直結した勉強を開始したい人はこちら

小中学生にも分かりやすい参考書です。文部科学省後援であるのも安心ですね。

文法力をつけたら次は過去問にチャレンジしましょう!

Hop
Hop

Let’s study together! (一緒に勉強しようね!)

英検3級の文法これだけは押さえておこう!

英検4級、5級でお伝えした文法はもちろん、3級は少し難しい文法も入ってきます。

しっかり理解して試験に挑戦しましょう。

現在完了形は3つの種類があるよ、have +過去分詞で表そう。

まずは過去分詞は何?と思った方は、らくらく王国の中学2年をやって欲しいところですが説明しますね。

一般動詞、例えばwalk, go, eatなどの動詞は3つの型があります。

現在、過去、過去分詞です。

walk(現在)、walked(過去)、walked(過去分詞)という感じです。

一般にwalkのようにA-B-B型(過去と過去分詞が同じ形)が多いですが、go

のようにイレギュラーもたくさんあります。

go(現在)、went(過去)、gone(過去分詞)などです。

なのでまずは一般動詞の3つの型を覚えるのが第一優先です。

過去分詞は〜されたという意味合いがあるので覚えておきましょう。

現在完了形(継続)

私はこの町に3年間住んでいます。と言いたい時はなんと言うでしょうか?

現在完了の継続は過去から今も続いているときに使います。

I have lived in this town for three years. ですね。

このようにhave +過去分詞で表します。3年間の期間を表す前置詞forも覚えておきましょう。

それでは僕は10歳からこの町に住んでいるんだ。は何と言いますか?〜からの前置詞sinceを使って文を作りましょう。

I have lived in this town since I was ten.

sinceは「〜から」「〜以来」と覚えておきましょう。

現在完了形(経験)

以前に経験したこともhave +過去分詞で表すことが出来ます。

僕は東京に行ったことあるよ。と言いたい時は、

I have been to Tokyo.

beは、am is are(現在)、was were(過去)、been(過去分詞)となります。

行ったことがあるなので、goの過去分詞goneを使いたくなりますが、goneは行ってしまった、と言う意味があるのでbeenを使いましょう。

では、私はその映画を2回観たことあるよ、とはどう言いますか?

I have seen the movie twice.

観るはsee-saw-seen過去分詞のseenを使い、have seenで観たことがある、2回なのでtwiceを最後につけてあげましょう。

現在完了形(完了)

最後は現在完了形の完了です。

もう宿題終わったよ!と言いたい時は

I have already finished my homework.

alreadyはすでに、という意味です。

それでは、彼はまだ宿題が終わってない、はどうでしょう?

He has not finished his homework yet.

彼はなのでhave→hasにして、has not finishedで終わっていないyetはまだ、と言う意味です。

リーディングが苦手な人はリスニングとライティングで合格を目指そう!

3級の文法は中学卒業程度で3年間分の文法が入ってますので、上記で説明した現在完了形の他にも関係代名詞などありますが、実はこれらが理解できなくても、もっと基本的な現在形、過去形、進行形、受け身などがしっかり理解出来ていればリーディングが半分くらいの出来でも、ライティングとリスニングで稼げば意外に難しくありません。特にライティングはたった1題しか出ないのに、全体の3分の1のスコアを占めます。3級合格の鍵は実はライティングにあるのです。

ライティングにはコツがあります。頭に叩き込んで覚えてしまいましょう!

過去問を例に考えてみましょう。

QUESTION

Do you often use a bike in your free time?

(あなたは暇な時によく自転車を使いますか?)

この質問について、考えと理由を2つ書きます。

語数は25~35語です。

まず、最初に問題文をそのまま利用しましょう。

youはもちろんIに変えてyourはmyに変えます

I often use a bike in my free time. (9語)

次に理由が2つあります。と書きます。これはどの問題でも使えます。

I have two reasons.(4語)

次に一つ目の理由を書きましょう。

First, I like bikes. (4語)

(第一に私は自転車が好きです。)

次に二つ目の理由を書きましょう。

Second, I use it when I play with my friends.(9語)

(第二に友達と遊ぶときにそれを使います)

最後に締めくくりましょう。

That is why I often use a bike in my free time. (12語)

今回は37語になってしまったので、そういう時はI have two reasons.を消しましょう。

そうすると34語になります。英検3級は25~35語でいいので、短くなりそうな場合に付けたりして上手くこの4語を利用してくださいね。

どうでしたか?

問題文を上手に活用すること、決まり文句(I have two reasons, First, Second, That is why~)を使えば難しくありませんね。

過去問を10回はやって臨みましょう。ライティングでスコアを上げておけば合格の確率がグッと上がります。頑張ってくださいね!

英検3級に合格したら次は面接の練習をしよう!

ニ次面接の問題集でみっちり練習しよう

一次試験の合格発表後、二次試験まであまり時間がありません。すぐに面接専用の問題集で対策を始めましょう。お勧めはこちら↓

面接官役がいない人はYoutubeのこちらがお勧めです。↓

もし何を言っているか分からない時は「One more time please.」と伝えましょう。

2回聞いてもマイナスにはならないと聞きますが、もしそれでも分からない場合は、決して無言ではなく聞き取れた単語を使って何でもいいから言いましょう。話が噛み合わなくても大丈夫、ポイントがつきます。

緊張を少しでも和らげるには、やはり練習第一です。頑張ってくださいね!

パソコンやタブレットを利用する方は英検ネットドリルでも学習も出来ます。テキストが全て入っていて模試も受けることが出来ます。一度間違えた問題を効率よく復習できる弱点チェックなど機能がついているのが良いですね。

参考にしてください↓

旺文社の英検対策問題集とCDがひとつに【旺文社 英検ネットドリル】

この記事を書いた人
Yoppy

元銀行員。20代で初めての海外旅行。英語が通じず悔しくて、チビチビと勉強を継続中。カリフォルニア3ヶ月短期留学、カナダ1年ワーキングホリデー、フィリピン10日間超短期留学を経験。
詳しくはこちら↓
プロフィール詳細

Yoppyをフォローする
英検対策
スポンサーリンク
Yoppy English

コメント

タイトルとURLをコピーしました